* HOME    
* シアタークラブ
* メールマガジン
モンゴル日本外交関係樹立50周年記念公演
モンゴル国立馬頭琴交響楽団設立30周年記念公演
モンゴル国立馬頭琴交響楽団 演奏会

<指揮者> D.トフシンサイハン


モンゴル国立馬頭琴交響楽団は、モンゴルが民主化した2年後の1992年に、モンゴル国初代大統領オルチバト氏の支援の下、初代指揮者、故ツェンド・バトチュローン氏の尽力により設立。
民主化したばかりの当時、民族の楽器を使った音楽を、自由に演奏できる時代の到来は、何にも代えがたいものであった。
それから30年、アメリカのカーネギーホールや国連本部での演奏会を開催できる、モンゴルを代表する楽団として発展を遂げた。
また、「馬頭琴(モリン・ホール)」(2003年)、「モンゴル長唄民謡・オルテインドゥ」(2008年)、「モンゴル伝統的喉歌・ホーミー」(2010年)はユネスコの世界無形文化遺産に登録されており、本公演ではこれらが堪能できる。
ご挨拶

皆様へ
モンゴルから馬頭琴の音色とともにモンゴル日本外交関係樹立50周年記念のご挨拶を申し上げます。
ここで昔の出来事を紐解けば、両国間には蒙古襲来やノモンハン戦争などがありましたが、それらの歴史をただすように、今から45年前、モンゴル長唄の名人N.ノロブバンザドさんと馬頭琴楽団創始者のTs.バトチュローン先生によって、この日本で初めてモンゴルの歌が披露され、馬頭琴の音色が響きました。
バトチュローン先生の絶え間ないご活躍があり、現在当楽団はモンゴル日本間に民間外交の役割まで果たすようになりました。その陰にはモンゴル国文化大使・佐藤紀子さんによる馬頭琴楽団一筋の長年のご尽力がありました。
楽団が誕生してここまでの30年間に、モンゴルの伝統的遺産である馬頭琴、そして楽団を世界の国々に紹介する偉大な行為に貢献して下さった、モンゴルの文化大使で私たちのお母さんである佐藤紀子さんに、モンゴルの国民を代表し感謝の意を表します。
音楽が友好の基礎となり、国境を越えて親しくなることを確信しております。そして馬頭琴楽団員と馬頭琴のメロデイを愛する皆様方に再会できることをたいへん嬉しく思っています。

皆様のご健康・ご多幸を祈ります。



モンゴル国立フイルハーモニー芸術監督兼モンゴル国立馬頭琴交響楽団総指揮者  
D.トフシンサイハン
日時
2022年   12月8日(木) 17:40開場/18:30開演
会場 国際障害者交流センター ビッグ・アイ 多目的ホール
入場料
(税込)
全席指定 ¥3,500
高校生以下¥2,000(当日座席指定・交換時要学生証)  
未就学児入場不可 
※当日券は¥4,000
一般発売日 9/30(金)
発売所
ピクニック オンライン WEB こちらから
 チケットぴあ <Pコード 227-905>
 ロ-ソンチケット <Lコード 55766
 e+ (イープラス) 
主催 泉北ニュータウンで馬頭琴を聴く実行委員会
後援 モンゴル国外務省 モンゴル国文化省 駐日モンゴル国大使館 他
お問合せ
ピクニックチケットセンター 
050-3539-8330 (平日12:00〜15:00)
注意・特記事項 ※未就学児の入場不可  
※営利目的の転売禁止  <詳しくはこちら>
※チケット購入後のキャンセル・変更・払い戻しは一切できませんのでご了承の上お買い求めください。
※チケットはいかなる場合(紛失・盗難・破損・持ち忘れ等)も再発行いたしません。  
※会場内では必ずマスクのご着用をお願いします。  
※感染症対策の為、当日座席の移動をお願いする場合がございます 。  
※本公演のチケット購入時に登録の氏名・緊急連絡先は、万が一来場者から感染者が発生した場合など必要に応じて保健所等の公的機関へ提供させていただく場合がございます、予めご了承ください。